日本人には夏が多い?
「日本人には夏のシーズンが多い」

パーソナルカラー(?)をやっている人で、こういうことをいう人がたくさんいます。

結論から言えば、そんなことは全くの見当違いです。

ですが、私が以前習っていたところでも先生はそう言っていましたし、うちのお客様や生徒さんでパーソナルカラー(みたいなもの)の分析や講習をよそで受けられた方からも、そう言われたということをよく聞きます。

こう言っている人は、分析の際にきちんとした光を使っていなかったり、メイクをしたまま行っていたり、パーソナルカラーの正しい理論と実践を学んでいない人です。

最近のことですが、書店でファッション販売系の雑誌の表紙に、「パーソナルカラー」の文字が目にとまりました。早速手にとってみてみると、かなりのページ数を割いての特集でした(それだけ、やはりファッション販売の方達はパーソナルカラーの重要性に気付いているのだとは思いますが)。

しかし、内容は、曰く、「従来の4シーズンでは店頭での接客販売は無理」「日本人にはクールソフト(要するに夏の色です)が似合うからクールソフトを勧めておけば間違いない」というような内容でした。

手元にその雑誌がないので細かい所までは読んでいませんが、その内容では当然、お金を出して買う気にもなりません。

こういうものが何万という雑誌の読者=ファッション販売に携わる人達に読まれているのかと思うと、本当に残念です。

また、生徒さんから聞いた話ですが、その生徒さんが行ったある美容院では、パーソナルカラーを取り入れているということだったので、内容を聞いてみると、きちんとした光りは使わず、化粧をしたままの診断方法だったとのことです。

その美容師さんは高いお金を出して(会社持ちだったそうですが)習いに行ったとのこと。

私も以前Web上で、たまたま目にとまった個人の方のブログに、「行きつけの美容院でパーソナルカラー診断をしてもらった」との記事を見た事がありますが、結果としては「二つのシーズンの色が似合うと言われた」等のことが書いてあって、「ああ、ここにもまた間違ったものが…」と思ったことがあります。

上記の例は、本当にたくさん見聞きしますので正直嫌になりますが、本当のパーソナルカラーではありません。これからパーソナルカラー分析を受けようと思っている方、あるいはパーソナルカラーを勉強しようと思っている方は、ぜひ本物のパーソナルカラーを見極めてお金を無駄にしないで欲しいと思います(本サイトのこのページもご参照下さい)。
posted by: イリス | パーソナルカラーもどき | 14:37 | - | - |-